脱毛は腫れる?気になる脱毛事情ご紹介!

脱毛したら肌が腫れてしまうのでは?と心配な方も多いでしょう

脱毛は腫れる?気になる脱毛事情ご紹介!

ひげをレーザー脱毛すると顔が腫れるってホント?

男性のムダ毛で一番厄介な部位と言えは顔のひげですよね。
ひげは他の体毛よりも毛が太く濃い毛で密度も高く、毛根も頑丈なのです。
ひげをレーザー脱毛で脱毛しようとした場合、おのずとレーザーの出力は高く設定されます。
出力が上がるということは、それだけ肌へのダメージが増えるということですから、毛穴が炎症を起こして、肌が赤くなったり、腫れたりすることは避けられないのです。
しかし、これらの症状は一時的なものですから、数日すればもとに戻ります。
肌が弱い人の場合、腫れや赤みが酷い場合もありますから、敏感肌や人よりも肌が弱いという方は、いきなり施術をうけるのではなく、パッチテストを行うなどして、様子を見てから施術を受けるといいでしょう。
施術後の肌はダメージを受けてとてもデリケートな状態になっています。
毛穴が開いている状態になっているので、化のう止めの軟膏を塗るなりして、毛穴に細菌が入らないように気を付けましょう。
もし細菌が毛穴に入ってしまうと、毛嚢炎などになってしまう可能性がありますから、気を付けてください。
毛嚢炎になってしまうと自然に治る見込みはないので、早めにお医者さんに診てもらうようにしましょう。
また、ひげの脱毛後に気を付けなければいけないことに、施術から2週間後までは自分で無理矢理毛を抜くといったことは控えて下さい。
この期間の間は毛が自然に抜け落ちていきますし、毛の内部がとても敏感になっている状態なので余計な刺激を与えて炎症になるようなことはしないように心が毛ましょう。
顔の肌は他の部位に比べて弱いのに、毛は剛毛ですから、脱毛には高いリスクが伴います。
しかし、きちんとアフターケアを行っていれば、問題なく効果を得られるはずですから毎日の髭剃りに嫌気がさしている人は脱毛をしてみてはいかがでしょうか。

ひげ脱毛で起こる腫れとひげの特異点とは?

男性でも女性と同じように、永久脱毛したら楽なのに…と思う部位が存在しますね。
そうです、顔のひげです。
毎日毎日、多い人では一日に何度もひげを剃らないといけないという人もいます。
そうなってくると毎日のひげ剃りから解放されたらどんなに楽なことでしょう。
そんなことで、最近では男性でひげの永久脱毛を行う方が増えてきています。
ひげの脱毛を行う場合、クリニックではレーザー脱毛、エステではフラッシュ脱毛を行う場合が多いですが、これらは、黒い色素に反応する光を照射して毛母細胞にダメージを与えることで、毛が生えない環境をつくるという方法です。
レーザーでもフラッシュでも、一般に光脱毛と呼ばれる方法は肌にもダメージを与えるため、施術後しばらくは多少の腫れや赤みがでてしまいます。
しかし、脚や腕の場合は数時間でもとにもどる場合がほとんどですが、ひげのある顔という部分はほかの部位に比べ肌が弱いので腫れや赤みが引きにくいという難点が存在するのです。
さらにひげは他の部位の毛に比べ、剛毛で、太く濃い毛という事もあり、脱毛の効果を得るためには必然的に照射する光の出力を高くする必要があります。
そうなると、ただでさえ弱い肌に強いダメージを与える事になりますから、施術後にはひどく腫れたり、赤みがなかなか取れなかったりという事が起こってしまうんです。
施術時にも強い痛みを感じますし、施術後もいろいろと大変なことが多いため、途中でひげ脱毛をあきらめてしまう方も少なくないのが現状です。
しかし、これらの症状はどんなにひどくとも数週間すればきちんともとにもどります。
そしてきちんとアフターケアを施すことで症状を和らげることも可能ですから、あきらめずにひげ脱毛を行ってみてはいかがでしょうか。

 |  | 

ニードル脱毛で肌に腫れが起きてしまったら…?

エステやクリニックで行う脱毛にはいろいろな方法が存在します。
脱毛方法の違いはクリニックかエステかによっても違いがあります。
ここではクリニックで行われる絶縁針脱毛についての肌トラブルに関してご紹介します。
まず絶縁針脱毛とは、毛穴に細い針を刺し、そこから電気を流すことによって、毛母細胞ごと破壊してしまうという方法で、一度行えば二度と毛は生えてきませんから、一番確実な方法といえます。
しかし、一つひとつの毛穴に針をさして電気を流していくので、施術時間がとても長いのに加え、痛みがかなり大きいというデメリットもあります。
ですから、施術直後には皮膚に赤みが出たり、腫れが出たりします。
施術後はきちんと施術部位をアイシングすることを確実に行いましょう。
体全体を暖める入浴や運動、飲酒も控えましょう。
さらに、脱毛後の肌は毛穴が開いた状態ですから、化のう止めの軟膏を数日塗ることも心がけてください。
赤みが残っている間は直射日光も避け、ある程度落ち着いたら日焼け止めクリームなどで肌を守ります。
こういった絶縁針脱毛特有の脱毛後の症状は、アフターケアをきちんと行うことで腫れや赤みも2週間程度で確実に引いていきますから、きちんと行うことを心がけましょう。
この症状は脱毛部位や、冷却法か麻酔法かによって症状の出方に違いがあります。
もしも心配であれば、担当のお医者さんに相談することをおすすめします。
赤みや腫れのほかにも、針が毛細血管を突いた場合に起こる内出血や皮膚が硬くなる、ひりひりするといった施術後特有の症状がでることがありますが、どれもしばらくアフターケアをきちんと続けることで確実にもとに戻るので安心してください。

Copyright (C) 2013 脱毛は腫れる?気になる脱毛事情ご紹介! All Rights Reserved.

このページの先頭へ